海外行くより『自分探し』になる!?

私の場合、インドに行っても、インド人からお金をだまし取られそうになってインドが嫌いになっただけでした(笑)

家に帰ってネットでグッドポイント診断を受けたら、驚くほど自分がわかったんです!

無料なのに、とても細かい診断結果が出てまさに本当の自分がわかりました☆

インド旅行記 8th day(6) Khajuraho, 金を騙し取ろうとする子供たち

P1080511.jpg

P1080512.jpg

P1080513.jpg

P1080514.jpg

P1080515.jpg

金を騙し取ろうとする子供たち

川沿いの寺院に座って休んでいたら、子供たちがやってきた。「あの自転車はあなたの?」そうだよ。と言って、しばらく話していた。出発しようと自転車に乗って少し進むと子供たちが騒ぎだした。「タイヤを見ろ」と言うから見るとタイヤの空気が抜けていた。パンクかなぁ、レンタル自転車なのになぁ、どうしよう。困っていると子供たちが「内にエアーポンプがあるか空気を入れてあげるよ、50rsでどう?」というが、「パンクしてるから、空気入れても無駄だ」と言った。子供たちは「No Problem」というから、まぁ、やってみるか。ということで家に向かった。家の屋上に連れてかれたり、やたら家を案内しようとする。たぶん後で金を要求するのだろうと思って興味のないそぶりをして見せた。家の案内は終わりを空気を入れた。すると「100RSよこせ」と言いだした。「50RSって言ったでしょ?」と言っても聞かない。こういう場合、50渡して立ち去ればいいんだけど、ちょうど100rs札しか持ってなかった。金を渡さずに立ち去っても良いけど、さすがにそれは悪い気がする。仕方なく100Rs渡した。

その後、「学校に行こう、僕の先生に会ってくれ」としつこく言うので、仕方なく学校に行った。するとノートを見せられた。旅行者のメッセージが英語や日本語等で書かれていた。「この子たちの為に何か協力したいです」とか書いてあった。おれは「自転車のタイヤがパンクして子供たちに空気を入れてもらいましたが、子供たちがパンクさせたのかもしれません。」と書いた。その後、「金額を書け」と言われた。寄付しろということらしい。おれは「10rs(20円)」と書いた。すると子供たちもといガキたちが「10rsは不可能だ(Not possible)」と言ってきた。不可能もくそもないでしょ?寄付なんだから。ということで、10rs渡して学校を去った。私の自転車には鍵が掛けられていた。ガキたちが掛けたものだ。ガキの一人が鍵を外した。途中で逃げられるのを防止するためだったのだろう。走り出すと再びタイヤの空気が抜けていた。

「空気が抜けていた。」というより「抜かれていた」のだ。

完全に全ての真相が分かった。初めに俺に会った時に、何人かのガキが俺と話をしている最中にその他のガキがタイヤの空気を抜いたのだろう。おそらくガキ達にとってみれば、常套手段だったのだろう。この街にはレンタル自転車屋が何件もある。旅行者も多い。

おれはガキ達を無視して歩き始めた、空気の抜けた自転車を押して・・・。
少し歩くと、自転車の修理をしている工場のようなものを見つけた。20rs払って空気を入れさせてもらった。そして、自転車を返した。

インドでは自転車も弱点になってしまうとは・・・。ほんとになんてひどい国だと思う。

P1080516.jpg

まだ辺りは明るいがホテルに戻って休んだ。とても、疲れていた。

P1080517.jpg

P1080518.jpg

少し寝てからバザールへ行った。今は祭りらしい。

P1080519.jpg

P1080520.jpg

P1080521.jpg

P1080522.jpg

P1080523.jpg

P1080524.jpg

P1080525.jpg

P1080526.jpg

P1080527.jpg

しょうもなすぎる音と光のショー

電車の時刻まで時間があったので、Sound & light showを見た。西群寺院のすぐ横でやっている。300rsとか取るくせに、くそしょうもなかった。他の観客もかなりしらけていた。

P1080528.jpg

P1080529.jpg

P1080530.jpg

たかり屋の多い街

ホテルに戻ろうと歩いていると話しかけてくるインド人が絶えない。「ダンスを見に行かないか?」とか、いろいろ話した揚句「あなたは良い人だ!アイスクリームをおごってくれないか?」と言ってきた。どういう論理なんだよ、まったく!?「なんで、私が良い人だと分かるの?」と聞いたら「私は感じたんだ」だってさ。はいはい。私は良い人かもしれないけど、あなたにアイスクリームをおごる理由はありません。やっぱり、とても違和感を感じるのは「金とか物を人から貰おうという精神性」だな。日本人はそういうことについて恥じらいがあるでしょ?インド人にはそれがないように思える。

Varanasiへ

Varanasiはガンジス川の流れている街。インドのガンジス川の写真は大抵Varanasiのものだ。Varanasiに行くことはこの旅の一つの目的だ。
Khajuraho鉄道駅へ向かった。

P1080531.jpg

昨日会った韓国人旅行者と再会した。彼とは席のクラスが違っていた。日本人の旅行者もいたので少し話した。彼らは大学生で初めての海外旅行でインドに来たらしい。初めてで良くインドに行く気になるなぁと思った。彼らのうちの一人が熱を出して数日寝込んでいたらしい。インドは衛生状況が悪いし、体調を崩しやすいと思う。まだ、微熱があるらしい。早く治るといいね。

P1080532.jpg

P1080533.jpg

下痢が止まらない!!?

寝台車に乗って、横になった。するとお腹が痛くなってきた。しかも、かなり痛い。慌ててトイレに行ったら、下痢が止まらない。トイレと席を何往復しただろうか、ある時、トイレで立ちあがれなくなってしまった。立ちあがると目まいがして立っていられない。汗がたくさん出てくる。水を飲まねば、脱水症状になってしまう、だけど、ミネラルウォーターのボトルは席にある。取りに行けない、俺はこのままここで息絶えるのだろうか・・・・、軽く意識を失いかけて、しばらくすると、なんとか立ちあがることが出来た、峠を越したようだ。健康って大事だなって改めて思った。

P1080998.jpg

HOME <前 次>

『自分探し』しなくても『あなたの長所』がわかる!

私の場合、インドに自分探しに行っても、インド人にだまされそうになりまくって、インドが嫌いになっただけでした(笑)

家に帰ってからネットに繋いでグッドポイント診断を受けたら、おどろくほど自分がわかりました!

無料なのにすごくしっかりした診断結果が出てきて驚かされました。ぜひやってみてください。

旅行会社を通さずに航空券を直接買えるサイト

エイビーロードやH.I.S.で航空券を検索して申込みして、「既に売り切れました」って言われるパターンめちゃあるじゃないですか?

あれ時間と精神の無駄なので、私は直接航空会社と繋がってるサイトで買ってます。

DeNAトラベルは各航空会社とつながっているので、サイト上で購入確定が出来ます。 安い航空券もあるので金額面でも問題ありません。

同タイプのサイトとして楽天トラベルもあります。

安宿を予約するならここがおすすめ!

このサイトはドミトリータイプの部屋も予約できるので安い部屋が見つかります。ドミトリーって最初は怖かったけど、一度泊まれば慣れちゃって、「どうせ夜寝るときしか部屋使わないし、安い方がいい」となって出来るだけドミトリーにしてます。

ちなみにこのサイトはドミトリーじゃない部屋も予約できるのでご安心を(笑)

私の場合、初日の飛行機が夜着く場合、ホテル(安宿)の予約をしていきます。

日中着く場合は現地についてから、探してます。そのほうが、立地の良さとかがわかりますからね。

とはいえ、夜にホテル探しすると、「見つからなかったら、どうしよ~、高い部屋しかなかったらどうしよ~…」ってなるので予約してます。

本当は全部の宿予約してから出発すれば、何の心配もなくて一番なんでしょうけど、宿決まってない状態で行くのもスリルがあっていいんです!

投稿日:

Copyright© やまろうトラベル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.