イタリア旅行記 8日目(3) 本質を知る旅に・・・


アレーナ(Arena)のミニチュア博物館

下の写真はミニチュアだかんね。こんなんがいっぱいあった。

p-0871.jpg

p-0872.jpg

ランヴェルディの塔からの眺め

イタリアの街はたいてい塔があって、そっから街を一望出来る。
もち、超綺麗!!高台からみるのと、また違った見え方がした。

p-0873.jpg

p-0874.jpg

p-0875.jpg

p-0876.jpg

p-0877.jpg

p-0878.jpg

p-0879.jpg

p-0880.jpg

p-0881.jpg

p-0882.jpg

ミラノへ、そして日本へ

ヴェローナも一通り見終わったので、ミラノへの列車に乗り、再び、ミラノ・マルペンサ空港へ。
さぁ、日本へ帰ろう。

p-0883.jpg

今回の旅はどうだった?

ずばり、本質に気付いた旅だった。

体力の本質は休憩力

この7日間、毎日、毎日、ずっと、ずっと、歩き続けた。とんでもない距離歩いたよ。ぶっ通しで何時間も。
で、歩けたんだよ。すごいね、おれ。体力あんね!
ってかね、歩き続けたわけだけど、休みながらあるいたのね。
もう、ほんと疲れちゃって、首横に倒して、もう半分寝てる状態で歩いてる時もあったのね。
歩くのやめて安みゃいいじゃんって話だけど、気持ちいいから歩いてたのね。
もう、疲れきって、体に力はいらなくなったのね。そうすると、疲れてふらふらなんだけど、気持ちいいのね。
ランナーズハイってもしかしたら、こういうことなのかもしれない。
で、まぁ、もちろん、食事とか、美術館に入ったりで、休みながら、歩くわけだけど、
そこでは、体を伸ばしたり、思いっきり脱力したりして、思いっきり休むのね。
一日歩き終えてホテルに帰ってからも、体を伸ばしたり、捻ったり、ゆすったりしながら
体をほぐしたのね、それから寝たのね。すると、次の日は、パワー全開になるわけよ!
つまり、体力のある人っていうのは、無尽蔵にスタミナがある人のことを言うんじゃなくて、
上手に休める人なんじゃないかと思う。

だから、誰だって、体力のある人になれるわけよ。すごい発見でしょ?

人の美しさの本質はリラックス

シエナ派の絵画を見ていて、そこには、気持ちよさそうな表情をした美しい人達が描かれていた。
体はとろとろに溶けていて、トローンとした目をしてて、気持ちよさそうなんだよね。
そして、それが美しいと感じた。人の美しさの本質ってリラックスなんだ。
美しい人はリラックスしてる。肩に力の入ってる美人なんていないでしょ?
宮崎あおいだって、肩がストーンと落ちて首がすーっと伸びてる。
リラックスしてるから美しいんだよね。

幸せの本質は健康

あなたは何があったら幸せ?
お金持ちでも幸せじゃない人がいる。
異性からモテても幸せじゃない人がいる。
仕事で成功しても幸せじゃない人がいる。
そういう人達は「(心が)健康じゃない」ってことだよね。
体は健康でも幸せと感じない人もいるよね。
それは心が幸せじゃないんだよね。
じゃあ、心が健康なら体は健康じゃなくていいかって?
体が健康じゃなくて、心が健康でいられるかい?
だから、心身ともに健康であること、これが幸せの本質。
この本質(心身ともに健康であること)の上に、お金だったり、異性からモテたり
だったり、仕事の成功だったりがあるわけなんだよ。
だから、お金がなくても、異性からもてなくても、仕事で成功しなくても幸せな人がいるわけ。
その人は本質(心身ともに健康)的に幸せだからね。
で、逆に言うと本質(心身ともに健康)的に幸せならば、その上のレイヤーの幸せ(仕事やプライベートの充実)も自然とあってたりするもんなんだと思う。

HOME <前

投稿日:

Copyright© やまろうトラベル , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.