インド旅行記 15th day(1) Jodhpur, Color festival

Color festival

今日はメインのcolor festivalだから、電車やバスがなくて足止めくらった。
街中でかい音楽が流れて、色まみれのインド人が走り回っていた。

P1090440.jpg

P1090441.jpg

P1090442.jpg

P1090443.jpg

朝食をホテルの屋上で食べた。
日本人女性がいたので話した。彼女は長い間インドを旅しているらしい。彼女もインド人腹立つぅーと言っていた。

P1090444.jpg

強い心って・・・?

彼女は日本の地震の被害状況を教えてくれた。状況はかなり悪化していて原子力発電所の一部が爆発したとのことだった。放射能で汚染されているらしい。(帰国後わかったけど、ここで話してた内容はかなり大げさだった。帰国を延期した方がいいかもとかいう話にまでなった)
福島に新築を立てた人はどうなるのだろうか?地震は自分たちの力で防ぎようがない。自分の力でどうにもならないものに翻弄されてしまう人生ってなんなんだろう。

P1090445.jpg

これがこのホテルのオーナー。カラーフェスティバルでこんな顔になってしまった。

P1090446.jpg

P1090447.jpg

2人の日本人が来た。4人でいろいろなことを話した。今日はカラーフェスティバルに参加しようと思ってたけど、結局参加しなかった。結果的にこれは良かった。ホテルのコックが足を怪我して帰ってきたからね。祭りは結構激しくてけが人もでるとのことだった。参加しなくてよかったわ。

まぁ、日本のことが心配になってインドの祭りどころじゃなくなっていたんだけどね。情報が正確に分からない状態での話なので、かなり大げさなことになった。「日本はチェルノブイリみたくなっている」とかね。早く日本に帰りたいと思ってたのに帰る場所がなくなってしまったように感じた。

とても、心が乱された。地震という個人の力ではどうしようもないものに、人生はいとも簡単に翻弄されてしまう。じゃあ、なんのために生きているのだろうか?個人の努力なんて運によっていとも簡単にふっとんでしまうのだろうか?深く憤りを感じた。

何があったって、ずっとゴールに向かって歩いて行けば、最後には必ずたどりつく。そう、ゴールに向かい続けることが大事ってことだよね!

って答えにたどり着くまでにとても心が乱された。動揺した。こんな時、心が強い人というのは動じずにいられるのだろうか?それって人間か?人間なら心がゆらぐでしょう。つまり、心が強い人と言うのは、心が乱されても、答えにたどり着いて、自分を取り戻せる人なのだと思う。

つまり、俺なのだよ!?ほーほっほっほ!?

P1090448.jpg

P1090449.jpg

HOME <前 次>

投稿日:

Copyright© やまろうトラベル , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.