マレーシア旅行記 1日目 日本 → クアラルンプール


カメラ失くした!

はじめに言っておくけど、3日目の10時ごろ、カメラを失くしてしまったのよ。そこまでの写真が今回はないのよ。とほほ。でも、現地でデジカメ買ったから、そこから先の写真はばっちし撮れたので、まぁ、オッケーと!!それでは旅の始まりだ!!

準備はいつもぎりぎり

旅立ち前のいつも不安を感じる。不安と言うか、別に海外行かなくてもいいのになぁ、めんどいなぁ、こわいなぁって。そうやって、旅立ちの準備をするのが億劫になっていつもぎりぎりになる。

人間は現状の中(コンフォートゾーン)にいようとする

これは人間の本能で、本能的に現状の中、普段慣れ親しんだ世界に留まろうとする。なぜならば、よく知らない世界にいくことは危険だからだ。現代社会では、自分の住んでいる世界以外の情報も手に入るから、本来危険は少ない。だけど、人間の本能ってのは原始時代からのものだから原始人にとって、自分の縄張りの外に出ることは危険だから、出ようとしないようにDNAは働く。

現状の中では夢を叶えられない

現状の中に留まろうとする力は情報空間においても働く。つまり今の自己イメージ、つまり自分はどういう人間かって思ってるイメージの外に行こうとしない。だから、何度も同じ失敗を繰り返すし、同じような行動を繰り返すことになる。だから、夢を叶えられない。夢は現状の外にあるわけだからね。夢を叶えて当然なのが自分だっていう自己イメージにならないと夢を叶えられないわけね。逆にいうとそういう風になれば、自然と夢は叶うってわけだ!!

現状の外へ出よう

海外旅行は物理的に現状の外へ出ることになる。普段慣れ親しんだ世界から物理的に出る。全く知らない人が暮らす世界へ行く。現状の外へ出ると現状の中にいては見えないものが見えてくる。だから海外旅行に行くと、新しい自分、本当の自分が見えてくる。それによって、自己イメージが変わる。すると、人生が変わるってわけよ!

Just do it.

旅の計画を立てる時、いろいろと悩む。どこへ行こうか?何をしようか?なかなか決められない。もっと良いプランがあるんじゃないだろうか?ってね。そして、悩んだ挙句、プランを決める。もちろん、それがベストなプランかなんて分からない。だけども、決めてしまえば、後は実行に移すだけだ。すると、ワクワクが始まる!たぶん、人生も同じなんだろう。やりたいことを、実行できるレベルにまで細分化したら、あとは、やるだけ!やると決めてやる!それだけだ!Just do it!

成田→香港→クアラルンプール(KL)

今回は香港を経由する経由便。サーチャージ、諸費用込みで56000円。キャセイパシフィック航空。

P1000368.JPG

クアラルンプール到着

18:30頃、クアラルンプール到着。KLIAエクスプレスでKLセントラル駅へ。そこから、チャイナタウンのあるパサール・スニ駅へ。今回は一日目の宿を予約せずに来たから、急いでチャイナタウンまで直行した。早く宿を決めたいからね。まずはじめにレッド・ドラゴン・バックパッカーズ・ホステルへ行ったら、部屋は空いてないって笑いながら言われた。「もう、ないよぅ〜」みたいな感じ。つうか、欧米人の観光客多いな!欧米もGWなのかっての?良さそうなホテルだったのにぃ!仕方ないので次にバックパッカーズ・トラベラーズ・インに行った。無事部屋とれた。受付のスタッフがかわいくて良い感じだった。部屋はそんな綺麗じゃないけど、問題ないわ。

地球の歩き方はバックパッカー向き

今までガイドブックは新個人旅行かわがまま歩きを使ってたんだけど、今回はじめて「地球の歩き方」を買った。ふつう逆だよね?でも、なんつうか、定番ってやだなっていうのと、地球の歩き方って写真が小さくて、あんまし面白くないんだよなぁって印象だったんだ。だけど、紹介してる安宿の量が多いし、すごく役に立つなって思った。今までは事前にネットで安宿情報を調べておくんだけど、今回は「地球の歩き方」の情報オンリーで行こうと思う!

プドゥラヤ・バスターミナルで明日のバスチケットをGet

マレーシアの交通の中心はバス。明日はマラッカへバスで行く。ってことで、プドゥラヤ・バスターミナルへ。チケット売り場では呼び込みの声がすごくて圧倒された。何社かのバス会社で料金を聞いたら、多少差があった。とりあえず、値段が安くて、最大手のトランスナショナルのバスチケットを買った。

KLタワー

まだ、寝るには早いから、周辺をぶらついていたら、KLタワーが見えたので行ってみることにした。見えるだけであって、実際は結構遠くにあったようで、かなり歩いてようやくたどり着いた。もう閉館時間でなかには入れなかった。ってことでホテルに戻った。

P1000064.JPG

寝よ

まぁ、そんなわけで、初日は終わり。明日に備えて眠りに着いた。KLのホテルはダニとか南京虫がいるとかって書き込みがネットではちらほら見られたけど、全然そんなことはなかった。運が悪いとそういうとこにも当たるのかもね。

HOME 次>

投稿日:

Copyright© やまろうトラベル , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.