フィリピン旅行記 6日目バタッド・ライステラスとタッピヤ滝サイコー!


朝食はバナナご飯

適当にBreak Fastメニューから選んだら、バナナご飯が出てきた。ご飯も甘い。おれ的には旨いと思った。どうでもいいけど、フィリピン料理ってファーストフード以外は作るのに結構時間掛かるみたいね。なんでかわからんけど。ちょっとしたものでも20分くらい待たされるのね。単純にビールが出てくるのも遅い。生活のペースの違いかね?

P1000742.JPG

バタッドへGo

昨日のガイドの車でバタッドへ向かった。聞いてた通りかなり道は悪くて、車で良かったと♪トライシクルだと650ペソ + タッピヤ滝ガイド料1200ペソ。車だと1300ペソ + タッピヤ滝ガイド料500ペソ。ほとんど同じじゃん、ってことで車に決まりでしょ?とはいえ、トライシクルの値段は観光案内所で聞いた値段だから、直で運転手に頼めば大幅に安いらしい。車は直で頼んだ料金だからねぇ。

P1000743.JPG

P1000744.JPG

P1000745.JPG

魔裟斗似のガイド

写真は昨日と今日のガイドをしてもらったDenwil君。26歳、結婚してて3人子供がいるらしい。フルマラソン走れるほどのタフガイらしい。K-1ファイターの魔裟斗に似てるっしょ?

で、なんでか知らないけど、このDen君、歩きながらやたらつばを吐くんだよね。体に悪いものでも溜まってんのかね?フィリピン人って結構つば吐く民族らしいけどね。美しくないよね。

で、「Are you happy?」って聞いたら、もちろんHappyだけど、一つだけ問題がある。それはお金。ガイドはいっぱいいて、客が取れないことも多いらしいのよ。フィリピン人の月収って7000ペソくらいなんだって。3500円ってことよ、日本円で。

フィリピン人って幸せそうな笑顔の中に、なんだか、お金に不安を感じてるような、そんな感じがするんだよね。やっぱ、お金がなかったら不安だよね。なんかせつないね。

P1000746.JPG

P1000747.JPG

P1000748.JPG

P1000749.JPG

P1000750.JPG

P1000751.JPG

ハイパー絶景!!

バナウェ・ビューポイントはちょっと離れた位置から棚田を眺めるけど、バタッド・ライステラスはもろその中に入るから、近さ、迫力が違う!ほんとすごい絶景だった!バナウェに来たら絶対バタッド行った方がいい!町を歩いていても、みんなバタッド行かない?って声掛けてくるのよ。それくらい素晴らしい!

P1000752.JPG

P1000753.JPG

P1000754.JPG

P1000755.JPG

P1000756.JPG

P1000757.JPG

P1000758.JPG

タッピヤ滝

バタッド・ライステラスからさらに1時間くらい歩くとタッピヤ滝が見える!バタッド・ライステラスまでは2時間ね、歩いて。この滝も超気持ちいい!

P1000759.JPG

P1000760.JPG

P1000761.JPG

P1000763.JPG

P1000764.JPG

P1000765.JPG

P1000766.JPG

P1000767.JPG

P1000768.JPG

P1000769.JPG

同行した韓国人カップル体力なさ過ぎ!?

途中から韓国人観光客のカップルも同行することになったんだけど、こいつら、体力なさ過ぎでバテまくってんのね。こいつら待つために倍以上時間掛かったのね。まぁ、おれ的には今日、他にやることないからいんだけどさ。バナウェの中心地戻ってもバスの時間までやることないからね。まぁ、大自然の中で過ごす時間が増えてOKと。とはいえ、半端なく体力ないのよ。Denwil君に聞いてみたら、「たぶん普段運動してないからだろう。マニラの人も、このハイキングしたら同じようなことになるよ。やまろうはGood walkingだよ」って言ってた。まぁ、おれちゃんはスポーツジム行ってっかんね!当然当然!

やまろう流登山術

ずばり、歩幅を小さくする。小さいステップを早く、積み重ねる。欲張って一歩でいっぱい進もうとしない。大またで歩くと筋肉の負荷がでかい。だからバテる。小さな一歩一歩を素早く積み重ねる。これって・・・?小さな努力を毎日積み重ねる。同じだよね!

P1000770.JPG

P1000771.JPG

P1000772.JPG

絶景を見ながらのんびり昼食

今日はホントのんびりと自然の中で気持ちいい♪サイコーだね☆

P1000773.JPG

P1000774.JPG

"鈴木"はやばい名前?

Denwil君が言ってたんだけど、鈴木(すずき、SUZUKI)ってフィリピンで言うと笑われちゃうらしい。タガログ語でススはオッパイ、ウキはアソコのことを言うんだってさ。そっから、くだらない下ネタトークは続いた。めちゃうけた!笑 くだらねーと思った皆さん、くだらなくなんてありません。だって、これ、全部英語で話したわけだから超インテリジェンスな会話なわけよ!ただの下ネタといっしょにすんなよなー!

P1000775.JPG

夜行バスでマニラへ

バスって寝ても寝た気しないよね。しかも、冷房効きまくってるし。too coldだからturn offしてって言ったんだけど、変わんないんだよね。みんな寒そうにしてて厚着してた。

日本人観光客との出会い

フィリピンで日本人観光客って全く見なかったのね。バスには二人いた一人は30代の男性でフィリピン人女性といっしょに旅をしていた。オンライン英会話で知り合ったんだってさ。そんなのあるんだね。

もうひとりは50代後半の男性で中学校の教員をやってるらしい。この人とは席となりに座ったからいろいろ聞いたんだけど、なんだかなぁと思った。

自分のためだけの人生っていいか?

っていうのも「先生になりたくてなったわけではない。」「結婚したくてしたわけじゃない」「夏休みが長いことが教師のメリット」「学校は楽しくない」「早く定年退職して旅行に行きたい」「生徒のことで苦労するより自分の趣味を優先したい」ってなことなんだ。まさに「でもしか」教師だよね。人がどう生きようとその人の勝手であり、また、その権利がある。だけど、他人の人生に大きな影響を与える仕事をしてる人は、その責任と誇りを感じてほしい。教師って結構、生徒の人生に影響与えると思うんだよね。しかも、今なんてさ、教師になりたくてもなれない人がいっぱいいるわけだし。「でもしか」でなった人には早く退場してほしいよね。

あとさ、「生徒のことで苦労するより自分の趣味を優先したい」ってさ、なんつうの、

小さくない?人として。

自分の人生を楽しむこと。それが人生の目的、本質なのかもしれない。だけどさ、それだけでいいのかな?自分のためだけの人生って小っさくない?ちっさい人生って嫌じゃない?なんつうのかな、この人の話からは全てが「妥協」のように感じられたのね。自分が楽な方に楽な方に逃げてるだけのように感じられたんだ。

そして、おれは決意した。おれは絶対妥協せず生きるぜ!

嫌なことから逃げるんじゃなくて、立ち向かう。まさに反面教師ってやつじゃない?もちろんこれはおれの価値観であって、おれは後ろ向きな考えや妥協、諦め、割り切りみたいなことが嫌いなだけであって、悪いと言っているわけではないってだけだからね。これを読んで楽な道を選んで何が悪いんだよ?って思った人がいたとしたら、もちろん、それでもいいんだよ。その人にとってそれが良いのであればね。ただの価値観の話、人それぞれ違うってことだね。

P1000776.JPG

HOME <前 次>

投稿日:

Copyright© やまろうトラベル , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.